ちはやふる-メインイメージ

DW0088

ちはやふる

広島市中区戸倉 玉仙

出典:日本文学全集

釈文:ちはやぶるかみよもきかずたつたがわから紅に水くくるとは 住の江の岸による波よるさえや夢のかよいぢ人目よくらん なにわがた短きあしのふしの間もあはでこの世をすくしてよとや わびぬれば今はたおなじなにわなる身をつくしてもあわんとぞ思う